2007年11月22日

新手法!MACD+ADX法の提案

新しいテクニカル分析手法を考えました。

続きの前にポチポチッとお願いします↓↓
人気blogランキング にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング Pop*Log人気fxブログランキング FC2 Blog Ranking

使うのは15分足とADXとMACDで、パラメータはADXが9期間、MACDは12-26期間、MACDシグナルは9期間に設定します(外為どっとコムのリアルタイムチャートのデフォルト数値のままです)。
さらに移動平均線は8、15、21期間に設定します。

エントリーは
1.)MACDがクロスする
かつ
2.)ADXが上昇
時です。

参考として
3.)移動平均線が8、15、21の順に並ぶ
時だとさらに確実です。ただしMACDのクロスに比べて発現するのが遅いので参考としました。

利益確定(損切り)は現時点ではMACDが反対側に向いた時です。なぜクロスした時に利確ではないかというと、クロスしてからでは遅いことが多いからです。

今日(11/21)で例を見てみましょう。(クリックで拡大)
MACD+ADX法
MACDはレンジ相場の時はあまり当てにならないのですが、ADXが上昇中でトレンドが生じている時には非常に有効に機能してくれます。今日みたいにトレンドが強い時にはかなりの実力を発揮してくれそうですね。

MACDはRCIに比べるとシグナルの出るタイミングが少し遅いようです。比較してみましょう。
MACDとADXの比較
RCIはエントリーが良い位置で取れることがメリットですが、利益確定のタイミングが早すぎることも。
一方、MACDはエントリーのタイミングが遅いですが、クロスした位置でエントリーするのでエントリーポイントが明確です。また余裕を持って利益確定するので大きく取りにいけそうです。
両者一長一短ですが,しばらくはMACDの方を使ってみてこの手法を検証していこうと思います。

次回はこの手法にさらにもう一工夫を加えて大きな波に乗る方法を紹介します。(このままでも十分にMACD+ADX法は機能しますが追加オプションとして、あの有名なMACDの相棒をご紹介しようと思います。)

この手法いいねーと思った方、ぜひ応援よろしくお願いしますexclamation×2
にほんブログ村 為替ブログへ←明日の経済指標なら
人気blogランキング←独自の投資法を伝授
FC2 Blog Ranking←売買シグナルを公開

 大ちゃんの手法は外為どっとコムが最適です。

『選べる外貨』誕生!サーバーが強いFXプライムもオススメです。

トレンド相場、レンジ相場に最適な戦略を自動選択するトレードシステム→Super FX SYSTEM

ブログ最新記事はこちら

タグ:新手法 MACD ADX
posted by 大ちゃん at 01:14 | Comment(2) | TrackBack(0) | トレード手法研究
この記事へのコメント
この記事についてですが、この先トレンド発生の手法を書くなら、ですがマックディの、パラメーター、を12,26,9、の9を小さくすると、サインの遅れを調整できると思うよ。。 しもふさ。あとスロースとキャストも設定が、悪いと往復ビンタとなります。
Posted by at 2007年11月22日 10:10
昨日少しだけMACDの数値を変えてみたのですが、数字を小さくすると仕掛け、仕切りのタイミングは早くなるけど、その分ダマシも多くなる。など一長一短でした。でもRCIに比べるとかなりシグナルが遅いのでしもふささんがおっしゃるように、パラメータを小さくしてみようかなとも考えています。
スイングトレードではスローストキャスが絶妙ですね!
Posted by 大ちゃん at 2007年11月22日 18:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/68197230
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。